「新型コロナウイルス感染拡大防止対応」営業時間変更のご案内
2020-02-05

サイズから考える、あなたにぴったりの椅子の選び方

みなさんは椅子を選ぶときの基準や大切にしたいことってありますか?

椅子を買うこと自体、洋服を買う頻度のように定期的にあるものではないと思いますが、ともなれば自分の体に合ったものや、用途にあったものをできるだけ正確に選びたいものですよね。 こちらの記事では、椅子を選ぶときに覚えておきたいポイントをご紹介したいと思います。

 

椅子に座ることは本当に楽?

疲れたときや長時間立ちっぱなしになると、とにかくどこかに座りたくなりますよね。
帰宅時間の電車内でも、座れたほうがやっぱり楽なので私もキョロキョロと空席を探してしまいます。ショッピングで沢山歩いたり立ちっぱなしになる日にはどこかカフェにでも入って座ってゆっくり休憩もしたくなります。

そんなふうに、立っているときよりも座っているときのほうが楽な姿勢だと思うことは当たり前のこと。

ところが人間工学的にみると、上半身や内臓にたいしては座った姿勢のほうが実は負担は大きいんです。長時間立ち仕事をしている人のほうが体力的にキツそうだと思われがちですが、長時間座りっぱなしのデスクワークをしている人にかかっている体への負担は大きいのが実際のところなようです。そのため、椅子の背もたれには、座る人の姿勢を正し上半身にかかる負担を軽くする役割があります。

そういったことを踏まえると、インテリアを考えるときにまずは自分の体や家族の体に合った椅子を選ぶことこそ重要だといっても過言ではなさそうですね。

椅子とテーブルの高さの関係

最適なサイズを算出するための計算

まずはシンプルに、作業用の椅子として最適なSH(シートハイの略で座面高のこと)を知るための計算です。

最適なSH={身長÷4}-1cm
身長160cmの人の場合、{160÷4}-1=39なので、SH39cmが快適に感じる椅子の高さということになります。
確かに、そのくらいちょっと低めの椅子に座ると体が楽な気はします!

ただし、合わせるテーブルやデスクによって、最適な椅子の高さはまた変わってきます。
テーブルの高さをオーダーして椅子に合わせるのであれば、先ほどの最適な椅子に合うテーブルの高さを決めることができますが、既成のものを購入する場合は椅子とテーブルの高さの関係がとても大事になってきます。

椅子の座面高とテーブルの高さの差 のことを「差尺」と呼ぶのですが、差尺を決めることによって快適なテーブルの高さを知ることができます。

最適な差尺を知るための計算式は、作業や食事がしやすい差尺={身長×0.55}÷3
身長160cmの場合、最適な差尺は29.333…cmなので、もしSH39cmのチェアを選ぶとすれば、合わせるテーブルの高さは約68cmがベスト中のベストということになります。

快適な差尺は、大人だと27~30cmというのが目安になります。

既成のテーブルを選ぶ場合は、日本ではH70cm前後が一般的な高さです。リビングダイニングのようなロースタイルのテーブルだとH60~65cmのテーブルもありますね。
それらに合う椅子の高さを測るには、先ほどの方法とは逆に、テーブルの高さ̠から適切な差尺をマイナスすることで求められます。

例えば、高さ72cmのダイニングテーブルには、身長160cmの人は 72cm(テーブルH)-29cm(差尺)=43cmの椅子が食事や作業のしやすい高さになるということです。

計算式のまとめ

何だか計算というだけでややこしいように見えますが、これを知ると家具を選ぶときにサイズをチェックするのがきっと面白くなるはずです。ここで、最適なサイズを知るために必要な計算式をまとめておきたいと思います。

●椅子のことを優先的に考えたときの最適なSH = {身長÷4}-1
●作業や食事がしやすい差尺 = {身長×0.55}÷3
●テーブルの高さから考えたときの最適な椅子のSH = テーブルH-差尺

コツが分かれば家具選びがもっと楽しく

ここまでお伝えしたことを実践してみようと思ってくださった方、もしパートナーや家族との暮らしや友人とのシェアハウスの暮らしであったりすると、一体どう選べば良いの?と困っちゃいますよね。身長が高い人も低い人もいる暮らしだと、全員の適切なサイズを用意することは難しいですしインテリアとしてもバランスが取れなくなってしまいます。

そんなときは、背の高い人をある程度基準にして家具を決めるのが基本です。家具は低くしてしまうと元に戻すことは出来ないからです。
いつか成長するお子様が一緒の家庭ならお子様専用のチェアで高さを調整したり、テーブルが高い場合には、椅子にチェアマットやクッションを敷いたりして対応してみてください。そうすることで、出来るだけ体に負担のかからない家具を選ぶことができるはずです。

ぜひ、あなたにとって座り心地の良い椅子選びと部屋づくりの参考にしてみてくださいね。

※当店では海外のデザイナーズチェアのリプロダクト品を販売しています。そのため中には小柄な方にはややSHの高いアイテムもございますので、ご確認の上お買い求めください。また、お持ちの椅子との差尺や当店取り扱いのチェアとの差尺が気になるという方は、ぜひお気軽にお問合せくださいませ。